こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > キリスト教文化センターとは-Q&A

Q&A

キリスト教文化センターとは何ですか
同志社大学はキリスト教主義を徳育の基本とする学校として設立されました(『同志社大学設立の旨意』参照)。キリスト教文化センターではこうした趣旨による教育の一環として、キリスト教の伝統や精神に基づいた各種の活動を行っています。
キリスト教文化センターの主な活動内容を教えてください
チャペル・アワー」(学生礼拝/毎週)、「Doshisha Spirit Week」(各学期一週間)、「Doshisha Spirit Tour」(9月)、クリスマス諸行事(12月)をはじめとする各種プログラム、講演や講義形式によるオープン・プログラムなどを実施しています(詳しくはHPなどでご確認ください)。
キリスト教文化センターにいくとキリスト教を勧められるのですか
そういうことはありません。キリスト教文化センターはキリスト教主義に基づいた活動を行っていますが、キリスト教信仰を強要したり勧誘することはありません。もちろん教会紹介を希望する方や宗教に関するお問い合わせなどにはスタッフが対応させていただきます。
キリスト教文化センターの発行物にはどんなものがありますか
チャペル・アワーの奨励をまとめた『チャペル・アワー奨励集』(『月刊チャペル・アワー』)、Doshisha Spirit Weekの講演をまとめた『Doshisha Spirit Week講演集』、『人権問題資料』(人権教育委員会編)などを作成・発行しています。また日本国際ギデオン協会寄贈による『新約聖書』の配布を行っています(いずれも無料/事務室までお問い合わせください)。
キリスト教文化センターの「学生スタッフ」とは何ですか
キリスト教文化センターには教職員スタッフと共に各種プログラムの企画・運営に参加してもらう「学生スタッフ」の制度があります。学部や学年をこえて多くの人と出会うチャンスにもなりますので、ぜひご参加ください(詳しくは事務室までお問い合わせください)。
キリスト教文化センターにいくと何かいいことがありますか
クラーク・チャペルやラウンジでのんびりできます(センターの場所と事務室開室時間)。交友関係が広がります(学生スタッフ、教職員、チャプレンとの出会い)。新しい知識や多様な考え方に出会えます(チャペル・アワーなど各種プログラム、センターの図書貸出)。
その他いろいろ・・・。来て・見て・発見してください!

キリスト教文化センターとは

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。