こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > Doshisha Spirit Tour/安中・会津キャンプ

Doshisha Spirit Tour/安中・会津キャンプ

同志社の創立者である新島襄は、安中藩の江戸邸で生まれました。群馬県安中市は同志社の草創期を支えた湯浅治郎や、明治期に絶対平和主義を唱えた同志社出身の牧師・柏木義円のゆかりの地でもあります。
また、新島の“同志”となった山本覚馬(新島襄の妻、八重の兄)は、会津藩に生まれました。山本覚馬は同志社の創立にもっとも深く関わりをもった一人で京都府近代化の恩人とも言われています。
このキャンプでは、新島家旧宅、安中教会、新島学園や鶴ヶ城など同志社ゆかりの地を巡ります。安中・会津と同志社との関わりを知るなかで、初期の同志社に影響を与えた人々の生き様やキリスト教について学ぶとともに、同志社を見つめ、自らを省みる試みです。

2019年度は熊本キャンプを実施します。

2016年度 安中・会津キャンプ 写真集

新島短大でミニ講義

新島短大でミニ講義

新島短大で新短生と交流

新島短大で新短生と交流

校友会の皆様と交流会

校友会の皆様と交流会

校友会の皆様と交流会

校友会の皆様と交流会

新島学園見学

新島学園見学

新島学園パイプオルガン見学

新島学園パイプオルガン見学

安中教会

安中教会

有田屋

有田屋

新島家旧宅資料室

新島家旧宅資料室

新島家旧宅

新島家旧宅

夕食後のプログラム

夕食後のプログラム

会津若松教会でふりかえり

会津若松教会でふりかえり

参加者の声

新島の精神を体感できたことが、一番良かった。

2泊3日の、かなり電撃(バタバタ)であったにもかかわらずどこに行っても印象に残る中身の濃いキャンプだった。

同志社ができた経緯、新島の想いなどを知り、胸を張って自分の学校を自慢できるようになりたい。

新島学園でパイプオルガン演奏を聴けたことがとても嬉しかった。

会津若松の宿舎でのプログラムはとても面白かった。

プログラムの中でいろいろな人としっかり交流ができ、協力し合えた。新島襄や彼を応援した人達のような高い志を持つ人間になるようにこころに留めておきたい。

このプログラムを終えた今なら、自分の大学を創設した新島先生がどんな人物なのか話せる気がする。

キャンプの感想を言葉で伝えるだけでなく、キャンプ終了後の自分がどう変わるかでも、同志社の学生の誇らしい姿を、周りに広げていけると思う。

キャンプ本番に向けて、みんなで一致協力して取り組むことができ、とても達成感があった。このような参加型であったからこそ、打ち解けることができたと思う。

新島襄のことは随分わかっていると思っていたが、まだまだ知らないことがあったので、細かいことが学べてよかった。

物理的な距離があっても、同志社、新島襄の精神をおなじように共有している人たちが大勢いるのだ、と知ることができて良かった。

今回参加した目的の一つに、参加者との交流があった。最初はとても不安だったが、みんなとてもいい人達ばかりだったので無事に交流を深めることができた。

今までキリスト教とは無縁だったが、これを機にキリスト教についても勉強してみようと思った。

事前ミーティングで学生企画の準備し、訪ねて知識を得るだけではなく、グループ作業により、協調性やコミュニケーション能力を養うことができ、自分の成長につながるプログラムだった。

どの会場でも食事がおいしかったし、会津若松で解散した後、興味をもった所に行けるという点も面白かった。

交流会でOB・OGのみなさんとお話をして、私も何らかの形で、卒業後に同志社に関われたらと思った。

お問い合わせ:同志社大学キリスト教文化センター

お問合せ先

京田辺校地事務室

TEL:0774-65-7370
E-mail:jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp

今出川校地事務室

TEL:075-251-3320
E-mail:ji-kirib@mail.doshisha.ac.jp

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。