こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > オープン・プログラム

オープン・プログラム

2018年度の公開講演会について

2018年度は秋学期に次のとおり4回の公開講演会を実施します。講座の内容、受講登録の方法をよく読んでお申し込みください。

開催日時 テーマ、講師、講演概要
第1回 10月18日(木)
13:10~14:40
ジェンダー・バイオレンス(DV・デートDV、性暴力)
~大学生被害者を中心に~
ウィメンズカウンセリング京都代表、
京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター「京都SARA」スーパーヴァイザー
井上 摩耶子

「性暴力被害者ワンストップ相談支援センター:京都SARA」における性暴力被害者は10代20代が全体の45%を占め、大学生同士の性暴力事件も多い現実があります。「やめて!」と毅然として言えない女子学生、嫌がるそぶりを見ても性暴力行為をやめない男子学生。これは、「同意」のない、「身体の尊厳」や「性的自由」「性的自己決定権」への侵害としての性暴力です。事例を通しての「性教育」「ジェンダー教育」を試みたいと思います。

第2回 10月25日(木)
13:10~14:40
エイズを通して考えた「人を大切にする」ということ 大阪人間科学大学非常勤講師あかた ちかこ

「自分を大切にしろと言われるが、どうしたらいいかわからない」「人を大切にしているが、しんどい」というような言葉をよく聞きます。確かに、誰かを大切にすることは難しい。わたしもまだ絶賛模索中ですが、自分が15年以上関わっているエイズという病気とその周辺に、大きなヒントがある気がしています。エイズが怖い人も、よくわからんから知りたい人も、人を大切にすることに迷子な人も、ちょっと一緒に考えてみませんか?

第3回 11月1日(木)
10:45~12:15
バザールカフェの働きを通して~伴走型支援について考える~ バザールカフェ運営委員松浦 千恵

人間の価値とはDoingではなくBeingであると様々な場面で言われ、「ありのまま」という言葉が巷に溢れています。支援の現場において「ありのまま」を受け入れるとはどういうことでしょうか。私たちはバザールカフェの中で、様々な背景を持ち生きづらさを抱えておられる方々と出会い、共に生きることを目指しています。その方法の一つである解決を目的としない伴走型支援とはどのようなものなのか、皆さんとシェアしたいと思います。

第4回 11月12日(月)
13:10~14:40
トランスジェンダーな人生を生きて~セクシャリティを考える~ 社会福祉法人イエス団 賀川記念館職員藤井 航

私たち人間を始めこの世に誕生した動物全てに共通するもの、「性」。男女の二つだけでは決して分けることのできない性が多くあります。この講座では、メディアでも取り上げられている「LGBTQ」、また「セクシャルマイノリティ」について様々な視点から基礎的な部分を含め考えていきます。また当事者が感じる社会の中での「生きづらさ」とは何なのか、求められる「多様性」とは何かを一緒に考えていきたいと思います。

受講登録方法など

講演会場 同志社礼拝堂(今出川校地)
テキスト・必要な費用 なし
受講申込方法 申込フォームもしくはe-mailをご利用ください。 «申込フォーム» 申込フォームはこちら «e-mail» jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp
注意事項
  • 受講希望講師名を必ず記載してください(複数講師選択可能)。
  • e-mailの場合は次の事項をご記入ください。
(1)受講希望講師名(2)氏名(フリガナ)(3)電話番号(4)学生ID(本学在学生の場合のみ)
  • 本講演会は「オープン・プログラム」の一環として実施されますので、事前の受講登録が可能です。申込無しの当日参加も可能ですが、来場者多数の場合、入場をお断りすることもございます。

過去の公開講演会について

オープン・プログラムとしてリニューアルされた2010年度から開催されています。

2015年度

11.4(水)
思想家・武道家 内田 樹 氏
「移行期を生き延びるために」

思想家・武道家 内田 樹 氏写真会思想家・武道家 内田 樹 氏講演様子移行期を生き延びるために

2014年度

6.19(木)
会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏
「原発事故の向こうに見えること ~生命を守る活動から~」

会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏写真会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏講演様子原発事故の向こうに見えること ~生命を守る活動から~

2013年度

6.25(火)
一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏
「聖書とは何? そして新しい聖書ができるまで」

一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏 写真一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏 講演の様子

12.3(火)
JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世 氏
「聖書に学ぶビジネスリーダーのあり方とその実践」

JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世氏写真JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世氏 講演の様子

2012年度

11.16(金)
社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 氏
「留岡幸助と北海道家庭学校」-歴史と現在-

社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 写真社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 講演の様子

2011年度 テーマ「My Mission、My Life」

7.8(金)
日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志 氏
「絆が人を生かすから」-ホームレス支援から見た無縁日本-

日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志写真日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志 講演の様子「絆が人を生かすから」-ホームレス支援から見た無縁日本-

11.25(金)
写真家、ジャーナリスト 桃井 和馬 氏
「放浪オヤジのMy Mission, My Life」
-世界の果てが見たいから。人間とは何かを知りたいから。-

写真家・ジャーナリスト 桃井 和馬写真写真家・ジャーナリスト 桃井 和馬 講演の様子「放浪オヤジのMy Mission, My Life」-世界の果てが見たいから。人間とは何かを知りたいから。-

2010年度 テーマ「- いのち・からだ・こころ -」

5.21(金)
ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦 氏
「自殺と魂の現象学」-人はなぜ自殺するか?-

ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦写真ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦 講演の様子

6.19(土)
べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良 氏
「治りませんように」-べてるの家の歩みから-

べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良写真べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良 講演の様子

10.22(金)
東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子 氏
「ケアされるということ」-当事者主権の立場から-

東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子写真東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子 講演の様子

11.19(金)
立教大学教授、精神科医 香山 リカ 氏
「<生きづらさ>を訴える若者たち」

立教大学教授、精神科医 香山 リカ写真立教大学教授、精神科医 香山 リカ 講演の様子

お問い合わせ:同志社大学キリスト教文化センター

お問合せ先

京田辺校地事務室

TEL:0774-65-7370
E-mail:jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp

今出川校地事務室

TEL:075-251-3320
E-mail:ji-kirib@mail.doshisha.ac.jp

オープン・プログラム

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。