こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > オープン・プログラム

オープン・プログラム

2019年度の公開講演会について

2019年度は春学期に次のとおり4回の公開講演会を実施します。講座の内容、受講登録の方法をよく読んでお申し込みください。

開催日時 テーマ、講師、講演概要
第1回 5月27日(月)
3講時
(13:10~14:40)
人権は愛か?! 大阪人間科学大学非常勤講師あかた ちかこ

人を大切にすることと、自分を大切にすることは、どうすれば両立できるでしょうか。無理そうな時は、どちらを諦めるのが正しいのでしょうか。LGBTのことも、エイズのことも、ある面から見れば結局は「当たり前に人を大切にしよう」という話(=人権の話)ですが、それはつまり愛の話なのでしょうか。そのあたりのことを、ちょっと変化球の子ども福祉の現場から考えます。

第2回 6月10日(月)
3講時
(13:10~14:40)
多様な性のかたちとは?~当事者から見た社会~ 社会福祉法人イエス団 賀川記念館職員藤井 航

メディア等で「セクシャルマイノリティ」や「LGBTQ」という言葉をよく見聞きします。性の多様性に対し、日本や世界で社会が大きく変わってきているのも事実ですが、当事者から聞く「生きづらさ」はまだ続いているのが現実です。現代社会での“性のあり方”、当事者の目に映る社会の姿を、ライフイベントに沿って共に考えたいと思います。現代社会に生きる一人として“性”を考え、求められる多様なかたちとはどのようなものか、一緒に考える時とします。

第3回 6月24日(月)
3講時
(13:10~14:40)
若者たちにとっての「ジェンダー意識」とは? ウィメンズカウンセリング京都代表井上 摩耶子

フェミニストカウンセラーと名乗り、25年ほど前から性暴力被害者支援のためのカウンセリング、性暴力裁判での意見書提出や専門家証言をしてきた。心理学理論にも法律にも女性差別があり、「フェミニズムの視点」なしには性暴力被害者の心理・社会的回復はないと思うからである。しかし、最近、女子大生から「フェミニズムってなに?」とよく聞かれる。彼女たちはキャリア・結婚生活・子育てなどにおいて女性差別を感じることはないのだろうか? そして男子学生は? 

第4回 7月4日(木)
2講時
(10:45~12:15)
誰もが生きられる社会とは
~依存症という「生きづらさ」の病を通して考える~
安東医院 ソーシャルワーカー(社会福祉士/精神保健福祉士)松浦 千恵

依存症というのは「生きづらさ」の病であり、最近では「信頼障害」「人間関係障害」などとも言われています。私たちは、「生きづらさ」を抱えざるをえない社会に生きており、依存症は決して特別な人たちが罹患する病ではありません。依存症を切り口にして、みなさんと一緒に自分事として「生きづらさ」ってなんだろう、そして依存症者を包摂する社会、誰もが(わたしもあなたも)生きられる社会ってどんなん?!について考えたいと思います。

受講登録方法など

講演会場 同志社礼拝堂(今出川校地)予定
テキスト・必要な費用 なし
受付期間 各開催日の1週間前まで
募集定員 各回50名 ※先着順
申込方法 (1)受講希望講師名 (2)氏名(フリガナ) (3)電話番号 (4)メールアドレス
をご記入のうえ、申込フォームもしくはe-mailからお申し込みください。 «e-mail» jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp «申込フォーム» 申込フォームはこちら
注意事項
  • 申込時に、受講希望講師名を必ず記載してください(複数講師選択可能)。
  • 受講の可否は、受付期間終了後にe-mailで通知します。

過去の公開講演会について

オープン・プログラムとしてリニューアルされた2010年度から開催されています。

2015年度

11.4(水)
思想家・武道家 内田 樹 氏
「移行期を生き延びるために」

思想家・武道家 内田 樹 氏写真会思想家・武道家 内田 樹 氏講演様子移行期を生き延びるために

2014年度

6.19(木)
会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏
「原発事故の向こうに見えること ~生命を守る活動から~」

会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏写真会津放射能情報センター代表 片岡 輝美 氏講演様子原発事故の向こうに見えること ~生命を守る活動から~

2013年度

6.25(火)
一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏
「聖書とは何? そして新しい聖書ができるまで」

一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏 写真一般財団法人 日本聖書協会総主事 渡部 信 氏 講演の様子

12.3(火)
JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世 氏
「聖書に学ぶビジネスリーダーのあり方とその実践」

JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世氏写真JOHNAN株式会社 代表取締役 山本 光世氏 講演の様子

2012年度

11.16(金)
社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 氏
「留岡幸助と北海道家庭学校」-歴史と現在-

社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 写真社会福祉法人 北海道家庭学校施設長 熱田 洋子 講演の様子

2011年度 テーマ「My Mission、My Life」

7.8(金)
日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志 氏
「絆が人を生かすから」-ホームレス支援から見た無縁日本-

日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志写真日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長 奥田 知志 講演の様子「絆が人を生かすから」-ホームレス支援から見た無縁日本-

11.25(金)
写真家、ジャーナリスト 桃井 和馬 氏
「放浪オヤジのMy Mission, My Life」
-世界の果てが見たいから。人間とは何かを知りたいから。-

写真家・ジャーナリスト 桃井 和馬写真写真家・ジャーナリスト 桃井 和馬 講演の様子「放浪オヤジのMy Mission, My Life」-世界の果てが見たいから。人間とは何かを知りたいから。-

2010年度 テーマ「- いのち・からだ・こころ -」

5.21(金)
ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦 氏
「自殺と魂の現象学」-人はなぜ自殺するか?-

ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦写真ユング心理学者、同志社大学名誉教授 樋口 和彦 講演の様子

6.19(土)
べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良 氏
「治りませんように」-べてるの家の歩みから-

べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良写真べてるの家理事、北海道医療大学教授 向谷地 生良 講演の様子

10.22(金)
東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子 氏
「ケアされるということ」-当事者主権の立場から-

東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子写真東京大学大学院教授、社会学者 上野 千鶴子 講演の様子

11.19(金)
立教大学教授、精神科医 香山 リカ 氏
「<生きづらさ>を訴える若者たち」

立教大学教授、精神科医 香山 リカ写真立教大学教授、精神科医 香山 リカ 講演の様子

お問い合わせ:同志社大学キリスト教文化センター

お問合せ先

京田辺校地事務室

TEL:0774-65-7370
E-mail:jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp

今出川校地事務室

TEL:075-251-3320
E-mail:ji-kirib@mail.doshisha.ac.jp

オープン・プログラム

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。