こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > 教員紹介

教員紹介

教員紹介

名前 越後屋 朗
【キリスト教文化センタ-所長、神学部・神学研究科教授】
研究テーマ 旧約聖書テクストの成立過程の解明
メッセージ 同志社大学の徳育の基本は「キリスト教主義」です。キリスト教は、信仰のあるなしにかかわらず、生きていく上で様々な手がかりを与えてくれる、2千年の歴史を持つひとつの知恵の体系です。キリスト教に馴染みがない、関心がないという方もおられると思いますが、出会うことで「目から鱗」(語源は、新約聖書にある使徒言行録9:18です)的な発見があるかもしれません。人は異質なものと出会うことで、気付くことが多いものです。キリスト教主義大学の一員として、キリスト教をこれまで以上に意識していただけるようになればと思います。

越後屋 朗写真

名前 越川 弘英
【キリスト教文化センター教授】
研究テーマ キリスト教の礼拝、宣教、牧会などに関する歴史と実践
メッセージ あなたの人生の拠り所は、またその目標は何でしょうか。
キリスト教は、すべての人間は神に愛されており、神から使命ミッションを与えられていることを教えています。
同志社における学生生活の中で、ぜひこうした問題を深く考えてほしいと願っています。

越川 弘英写真

名前 森田 喜基
【キリスト教文化センター准教授】
研究テーマ 日本におけるキリスト教教育の歴史と実践
メッセージ 聖書は「見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。」(コリントの信徒への手紙二 4章 18節)と語ります。「見えないもの」が見えないこの時代に、聖書が何を語るのか。一つ一つの聖書の言葉との出会いが、皆さんの中に新たな力を生み出すと信じています。ぜひチャペルの門を叩いてください。

森田 喜基写真

非常勤スタッフ紹介

名前 入 順子(日本キリスト教団京都教会副牧師)
メッセージ

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」(マタイによる福音書4章4節)と聖書に書かれています。いろいろなことばが飛び交っている現代、「人を生かすことば」をともに考える場でありたいと願っています。

名前 竹ヶ原 政輝(日本キリスト教団高の原教会牧師)
メッセージ

聖書講座「君のバイブルアカデミア」に寄せて
あの日、「守る」と決めた契約を胸に歩む神と人間の歴史、その中に生まれた救い主の物語―「聖書」。個性豊かな登場人物たちが織り成すストーリーと、時を超えて受け継がれてきた知恵の言葉に触れてみませんか?大切な何かがつかめるかも。

事務室スタッフより

メッセージ

キリスト教文化センターの使命は、大学のなかにあって、さまざまな出会いを提供する、いわば「人間の広場」となることです。今出川校地は、クラーク記念館の1階に、京田辺校地は2015年3月に献堂された同志社京田辺会堂光館に事務室がございますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

事務室には常時スタッフがおります。また、チャプレンとの面談時間を設け、授業内容で疑問に感じたことがある、キリスト教会や聖書について質問がある、キャンパス内で宗教の勧誘をされて困った、あるいは宗教に関係がなくても何か悩み事や心配事があるなどさまざまなご質問に専任の教員や、日本キリスト教団の牧師である非常勤スタッフが対応いたします。受付は両校地事務室で行っていますので、お申し込みください。

事務室では、気軽にキリスト教にふれていただけるよう、チャペル・アワーをはじめ、いろいろな企画を用意して、学生のみなさんをお待ちしています。
また、チャペル・アワーってどんなことをしているの?というように、少しだけ気になるという方のためにも、今までのお話(「奨励」といいます)をまとめた冊子を図書館やキリスト教文化センターで配布しています。とても興味深いお話がたくさん掲載されていますよ。
また、新約聖書の無料配布も両校地の事務室で行っております。

同志社建学の精神、キリスト教にふれるためにも、ぜひ気軽にキリスト教文化センターにお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

お問い合わせ:同志社大学キリスト教文化センター

お問合せ先

京田辺校地事務室

TEL:0774-65-7370
E-mail:jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp

今出川校地事務室

TEL:075-251-3320
E-mail:ji-kirib@mail.doshisha.ac.jp

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。