こちらに共通ヘッダが追加されます。
現在表示しているページ
ホーム > 教員紹介

教員紹介

教員紹介

名前 横井 和彦
【キリスト教文化センタ-所長、経済学部・経済学研究科教授】
研究テーマ 中国における「新常態」と都市「単位」社会の変容
メッセージ 同志社で学び、研究するみなさんには、新島襄の次の言葉を常に思い起こしてほしいと思います。「諸君よ、もし理論をもって是非を判別せんと欲せば、決して難しきにあらざるなり。しかれども諸君よ、願わくばその理論に愛の油を注ぎ、もってこれを考えよ。」

横井 和彦写真

名前 越川 弘英
【キリスト教文化センター教授】
研究テーマ キリスト教の礼拝、宣教、牧会などに関する歴史と実践
メッセージ あなたの人生の拠り所は、またその目標は何でしょうか。
キリスト教は、すべての人間は神に愛されており、神から使命ミッションを与えられていることを教えています。
同志社における学生生活の中で、ぜひこうした問題を深く考えてほしいと願っています。

越川 弘英写真

名前 三木 メイ
【キリスト教文化センター助教】
研究テーマ 実践神学(キリスト教)
キリスト教と女性、フェミニスト神学、人間関係論、牧会カウンセリング
メッセージ キリスト教とは何か?という問いを持つことは、生きることの意味、何を大切にして生きるか、そして未来の平和な社会・世界をどう形作っていくのか、という問いを持って生きる道につながります。その道を共に歩いてみませんか?道案内いたします。

三木 メイ写真

非常勤スタッフ紹介

名前 栗原 宏介(日本キリスト教団牧師)
メッセージ

学生時代、それは様々に思索し、行動するには最高の時です。
そのような時代にキリスト教は、あるいは聖書はきっと良い道標となることでしょう。
このキリスト教精神が流れる同志社で、いろいろなこと感じてほしいと願っています。

名前 渡辺 圭一郎(日本キリスト教団牧師)
メッセージ

キリスト教とその教えの原点となる聖書は、2000年経た今も、多くの人に親しまれ、生きる希望や力の源となってきました。
そこにはきっと、人類にとって普遍的な“何か”があるはずです。
その“何か”は、きっと皆さんの人生にも大いなる意味を持つと思っています。

事務室スタッフより

メッセージ

キリスト教文化センターの使命は、大学のなかにあって、さまざまな出会いを提供する、いわば「人間の広場」となることです。今出川校地は、クラーク記念館の1階に、京田辺校地は2015年3月に献堂された同志社京田辺会堂光館に事務室がございますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

事務室には常時スタッフがおります。また、チャプレンとの面談時間を設け、授業内容で疑問に感じたことがある、キリスト教会や聖書について質問がある、キャンパス内で宗教の勧誘をされて困った、あるいは宗教に関係がなくても何か悩み事や心配事があるなどさまざまなご質問に専任の教員や、日本キリスト教団の牧師である非常勤スタッフが対応いたします。受付は両校地事務室で行っていますので、お申し込みください。

事務室では、気軽にキリスト教にふれていただけるよう、チャペル・アワーをはじめ、いろいろな企画を用意して、学生のみなさんをお待ちしています。
また、チャペル・アワーってどんなことをしているの?というように、少しだけ気になるという方のためにも、今までのお話(「奨励」といいます)をまとめた冊子を図書館やキリスト教文化センターで配布しています。とても興味深いお話がたくさん掲載されていますよ。
また、新約聖書の無料配布も両校地の事務室で行っております。

同志社建学の精神、キリスト教にふれるためにも、ぜひ気軽にキリスト教文化センターにお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

お問い合わせ:同志社大学キリスト教文化センター

お問合せ先

京田辺校地事務室

TEL:0774-65-7370
E-mail:jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp

今出川校地事務室

TEL:075-251-3320
E-mail:ji-kirib@mail.doshisha.ac.jp

キャンパス・コンサート:京田辺・今出川校地で、昼休みに開催する学生による讃美歌等のコンサートです。

チャペル・コンサート:宗教音楽を主に楽しむコンサートです。(入場無料)

Doshisha Spirit Tour:このキャンプは、同志社と自分自身を見つめることを目指しています。